個別指導の塾選び、学習塾選び

「うちの子供にも効果的な指導をしてくれませんか?」このようなお母さんの声が沢山寄せられます。子供というのは、勿論一人一人得意不得意があり、それは勉強方法も同じではないでしょうか。どんなスタイルだと、意欲的に自分から学んで、覚えて、テストでも結果をだせるでしょうか?実は、塾の指導方法は大きく2つあります。一つ目が「集団指導」。これは、教室の中に、複数(10〜20名程度)の生徒と、先生とで授業を進めていく形です。もう一つが、「個別指導」です。この場合は、1〜3名くらいの生徒に対して、一人の先生が指導を行います。

メリット、デメリットは?

個別型の学習塾ですが、実際どうなんでしょうか? ニーズをきいてくれる、時間やレベルが合わせやすい、などメリットは沢山あると思いますが、どうでしょうか?近所で知り合いのお家ですと、約1年近く個別指導で授業を受けているそうです。そして話によると、最初は成績が低くて困っていたのに、なれはじめた頃からグングンテストの点数も上がり、お父さんお母さんも驚いているそうです。本人も、自分にピッタリの勉強方法を身につけたためか、とても積極的に勉強するようになったみたいです。そしてそれが結果に現れているので、さらにやる気もアップしているようです。是非うちの子供も・・・っと期待しております。

中3だと今の範囲は展開・因数分解かな?たぶんそのあとに平方根でしょう…これは自分で1から復習してたんでは残りの時間(高校受験)からいって厳しいですね。自分で復習している間に、どんどん先の単元にすすんで行く事によって焦るしできないわで。なので誰かに教えてもらうことををすすめますが、担当する先生によってよりけりだから、いい先生にあたんないとよけいにわかんなくなったりするので、先生がすぐ変えられる方針をとっているがいいと思います。受付相談の時に本当の事を話してちゃんと対応してもらいましよう。そのときに、どこまでが自分ではわかっているのか言えればもっといいです。塾によっては学力をはかるテストをしてくれているところもあるからそれを利用するのも手ですね。たいていはそのテストは無料だからね。中1の内容がだいたいはできるなら、中2の単項式と多項式の次数からしっかりと教わってあわてずにその復習に専念することが大事です。よく習うとできた気になってしまい復習をおろそかにしがいがちですが、ここで復習をすることで少しずつ力はついてきますよ。

成績が伸びる、上がるコツは?

成績の悪い人は、「成績が上がるこつ」を教えてくださいとよく言います。もちろん成績が上がるこつや効率的な方法はあります。でも、例えて言えば、泳ぐこともあまりできない人が、「背泳ぎで良い成績を出す方法を教えてください。」とか聞いているようなものです。「良い成績を出すにはターン時にバサロ泳法で潜水して・・・」とコツを教えても意味がありません。そういう人は、人よりも長い時間、ひたすら基本練習するしかありません。勉強もそれと同じです。教科書を何度も何度も読み返して、塾の先生に質問したりして、実力を伸ばしましょう。チャレンジを必ずやる。復習を必ずやる。これだけで結構いい成績は取れます。それをやってから、次のレベルにチャレンジしましょう。まずは、学校の定期テストです。チャレンジをしっかりやるだけで良い成績はとれます。中学になると、やらなくなってたまる人が多くなりますので・・・

難関校を受験するお子さんの中には確かに受験前は学校を休むお宅もありましたが・・・。学校でお友達と一緒に過ごすことでメリハリができ、受験勉強により集中することができると考えます。言葉は悪いですが、学校が「親の目がないところでの息抜き」の役目を果たすのです。また、中学受験は落ちたからといって行く学校がなくなるわけではありません。だからこそ、保護者と子供本人が同じ方向を向いている必要があります。まず、「うちは私学じゃなく公立だから」という考えを捨ててください。公立でも私立でも受験は受験です。また、保護者が「受かれば儲けもん」くらいに思っていると、それは子供にも確実に伝わり、いい結果をもたらしません。何が何でも受かりなさい。落ちたら負けなのよ、などと必要以上にプレッシャーをかけるのはいけませんが、適度のプレッシャーは子供にいい緊張感と集中力を与えます。「頑張ってるね。受験までもう少しだもんね。応援しているよ。」や「今日は集中していないね。もう少し頑張ってみたら?」などの声かけを怠らずに受験までの日々を過ごしてください。

塾に通うようになって、楽しく勉強できるようになりました。そして、テストでも頑張れるようになり、成績も上がりました。強制的に小さい頃からする必要もないと思います。でも塾は楽しい所でしたし、小3からぐらいで行って楽しんで小6の夏から本格的にやれば十分だと思います。あ、あと親の対応ですが、私の親は全く何もいいませんでした。というか受験に興味がなかったのか、テストで大変な点を取っても「半分の半分はある」とかで済ませてたりしました。でもそれが凄く助かったんですけどね。あ、でも褒めて欲しいって事はありました。

まずは、無料の体験授業を受けてみませんか?最初にお問い合わせしていただき、簡単なヒアリングをさせていただきます。そしてお子さんが目指している目標を明確にして、それに向ってどのように取り組むかをご提案いたします。勿論、お子さん一人一人得意不得意が異なりますので、十分にお話を聞かせていただき、それから体験授業の内容をお知らせいたします。

【トップページ】・・・個別指導

 

 

 

 

 

入塾の資料請求

 

 

 

【最新ニュース】 プレジデントファミリーより当塾が取材され、全国に紹介されました...<詳細はコチラから

【最新ニュース】 FMラジオで当塾「交通安全よびかけ隊」の活動が放送されました。<はコチラから><収録の様子



  • お子様が通えるエリアかどうか
  • どんな生徒が塾にいるか
  • 楽しく学べる環境かどうか
  • 塾の評判や特徴を知る

  • 個別指導と集団指導とは?
  • 塾と家庭教師、どちらが適する
  • 効果的な試験対策とは?
  • 学校でクラスについていくには?

  • 自宅で子供が勉強しない
  • テストの結果を教えてくれない
  • 勉強以外の遊びに夢中でこまる
  • 他の子供達の学習が気になる
  • 本人が楽しんで勉強するか心配

 

 

 

集団塾は学校と同様のスタイルで授業を進めるスタイルであると言えばわかりやすいでしょう。同学年の生徒が一つの教室に集い同一の授業を受けるスタイルです。一方、個別指導塾は、机ごとに個別のブースが用意され、一人ひとりに先生がつき指導をするスタイルの学習塾です。集団塾とは違い、各自それぞれの習熟度に応じた内容での授業、それぞれ都合の良い時間で授業が受けられるのが特徴です。学校でのテストで高得点を取るために塾に通うのですから、学校の授業をベースに塾の授業も進められるのは当然です。ただ、その内容を学習する過程において、それぞれのペースで進めることができるということです。学習するのに最適なスペースで、集中し効率的に学習することができます。先生から教わる際にも、そのスペースに先生が来てくれて個別に指導を受けることができます。教室の中には、自習スペースなども開放しているところもあり、集中できるからと授業の無い日でも勉強しに来る生徒がいるところもあります。自分のスペースが確立されており、学習に集中するにはよい環境が提供されています。

詳しくはこちらを<クリック>


 

個別指導の塾選び、学習塾選び

考えられるメリット

  • 先生と1:1で話せるので質問しやすい、仲良くなることができる
  • 自分の習熟度に合わせた内容で授業ができる
  • 自分の都合に合わせて授業を組むことができる
  • わからない理由を発見してもらえる
  • 自分に合う先生が選べる

個別指導塾の最大のメリットは自分のペースに合わせて、自分の分からないところを重点的に細かく教えてもらえるということです。集団授業だと自分のペースに関係なくどんどん授業が進んでいきます。授業の内容を理解して説明にきちんとついていければ問題ありませんが、1つ分からないところがあるとそこから分からないところがどんどん増えていきます。授業後に質問しようと思っても先生がいなかったり、他の人が質問していて質問しづらいということはよくあります。また質問するのが恥ずかしくて質問できないという子どももいます。その点、個別指導塾なら1対1(もしくは1対2、1対3)の授業なので分からないことがあってもすぐにその場で質問することができます。また進学塾が併設型でやっている個別指導塾の場合は集団授業の内容とリンクさせながら授業を行うことで個別指導であったとしても難関校を狙えることもできます

子供に合った、学習塾選びのポイント

皆さんいかがでしょうか?中学入試や高校入試のある子はせっせと通っていることだと思いますし、そうでない学年はどうなっているのか(笑)。もちろん、子どもは遊ぶのも仕事ですからメリハリさえあれば構わないと思います。さて、夏休みが始まってから通知表と子どものだらけっぷりに不安を覚え、塾を探しに来る保護者は多いものです。

個別指導塾はパーテーションなどでそれぞれの子供が集中して勉強することができますし、塾講師もわからない問題があったときに、その子供を丁寧に教えることが可能になります。またさぼっている子供も、遊んでいる子供も、チェックすることが簡単になります。そうした利点が多いために、個別指導型の塾が増えているのです。また個別指導型の塾ですと、家庭教師がつく状態と似ていますから、子供はより一層、勉強に集中することができるのです。いわば、塾に通いながら、家庭教師と同じ状態で学ぶことができるというのが個別指導塾の利点なのです。

塾選びの大きなポイントとなるのは、個別指導かグループ指導かですよね。個別指導の大きな特徴は、先生の数に対して生徒の数が少ないため、受講料が高くなるということです。ただし、一対一など人数が少ない場合は、勉強に集中することができますし、質問をしやすいというメリットがあります。また、先生は生徒の目的や学力などをしっかりと理解しているので、レベルにあわせた指導が受けられるのもよい点です。

専用ダイヤル 0120-62-1677   

※すでに定員となった場合は、資料をお送りさせていただきます。あらかじめご了承ください。